{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

『スタッキング可能』松田青子 著/河出文庫

605円

送料についてはこちら

松田青子さんの最初の小説集。押し付けられ内面化した「女らしさ」が限界値に達して溢れ出すような中短編。初出はそれぞれ2010〜2012年。久しぶりに「スタッキング可能」を開いたら、当時よりも高い解像度で読めるようになっていました。この10年でちゃんと変わってこれたかな、会議室に重ねたスタッキング可能なイスのバリケードでちゃんと戦ってこれたかな、と不安にもなるけれど、大丈夫ちゃんと変わってるという声が聞こえてくる気がします。わたしたちをあつくさせる、まぎれもないフェミニズム小説です。 ーーーーーーーーーーー 『あなた』と『わたし』は交換可能?5階A田、6階B野、4階C川、7階D山、10階E木……似ているけれどどこか違う人々が各フロアで働いているオフィスビル――女とは、男とは、社会とは、家族とは……同調圧力に溢れる社会で、それぞれの『武器』を手に不条理と戦う『わたしたち』を描いた、著者初の小説集! 表題作「スタッキング可能」に加え、「マーガレットは植える」「もうすぐ結婚する女」、さらには連作掌編「ウオーター・プルーフ嘘ばっかり! 」を収録 (文庫/203ページ/2016.8.5) ーーーーーーーーーー ※店頭でも販売している商品のため、行き違いで品切れになる可能性があります。その際にはすみやかに返金いたしますので、ご了承ください。 ※オリジナルカバーをかけて送ります。不要な方はコメント欄に記入してください ※t島店長のおたより付き

セール中のアイテム