【洋書】『PASSING』Nella Larsen/Penguin Classics(英語版)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

【洋書】『PASSING』Nella Larsen/Penguin Classics(英語版)

¥4,180 税込

送料についてはこちら

『PASSING』Nella Larsen/Penguin Classics(英語版) Netflixで公開された映画『PASSING』の原作です。 著者のネラ・ラーセンは1891年シカゴで、アフリカ系アメリカ人の父とデンマーク人の母との間に生まれました。 1929年に出版された第2作『PASSING』は肌の色の薄い、2人の黒人女性の物語です。 もともと「PASSING」は人種、民族、階級、差別、宗教など社会的なグループを分ける境界を越える(パス)ことを意味する言葉。アメリカ文学では「黒人であることを隠し、白人社会で白人として受け入れられること」として取り上げられてきました。 レイシストの白人男性と結婚することで「PASS」したクレアと、黒人として暮らすことを選んだアイリーンが長い年月を経て再会し、お互いに惹かれあっていきます。 人種差別の根にある「混血」について、黒人社会の階級差、同性愛差別、結婚が女性のアイデンティティにどう関わるのかなど、今も読まれるべき本の1冊です。 ネラ・ラーセンはトニ・モリソン、アリス・ウォーカー、ジュディス・バトラーなどに影響を与えたといわれていますが、日本語翻訳がまったく手に入らず……。残念です。 ーーーーーーーーーー 『PASSING』Nella Larsen/Penguin Classics(英語版) Clare Kendry is living on the edge. Light-skinned, elegant, and ambitious, she is married to a racist white man unaware of her African American heri- tage, and has severed all ties to her past after decid- ing to "pass" as a white woman. Clare's childhood friend, Irene Redfield, just as light-skinned, has cho- sen to remain within the African American com- munity, and is simultaneously allured and repelled by Clare's risky decision to engage in racial mas- querade for personal and societal gain. After fre- quenting African American-centric gatherings together in Harlem, Clare's interest in Irene turns into a homoerotic longing for Irene's black identity that she abandoned and can never embrace again, and she is forced to grapple with her decision to pass for white in a way that is both tragic and telling. This edition features a new introduction by Emily Bernard and notes by Thadious M. Davis. (10.16 x 7.62/128ページ/ 2020.2.25) ーーーーーーーーーー t島店長のおたよりつき。 エトセトラブックスのオリジナルカバーをかけて送ります。 不要な方はコメント欄でお申し付けください。 ※店頭でも販売している商品のため、行き違いで品切れになった場合はすみやかに返金いたします。ご了承ください。