【魔女の本棚】『魔女に会った』角野栄子 文・写真 みやこうせい 写真/福音館書店
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

【魔女の本棚】『魔女に会った』角野栄子 文・写真 みやこうせい 写真/福音館書店

¥1,430 税込

送料についてはこちら

【魔女の本棚】 エトセトラブックスBOOKSHOPの店頭で魔女にまつわる本を集めたフェアが始まりました。 “フェミニズムの古典”から“魔女になるための教科書”まで、小説、絵本、児童書、人文書などなど、いろいろな魔女本を集めています。 もうすぐハロウィン、〈魔女〉を足がかりにフェミニズムを考えてみませんか? ーーーーーーーーーー 『魔女に会った』 角野栄子 文・写真 みやこうせい 写真/福音館書店 『魔女の宅急便』の著者、角野栄子さんが魔女を訪ねて旅するビジュアル本。魔女の仮面をつけて練り歩くドイツ・ブロインリンゲン地方のファスナハトや魔女の火祭り、ルーマニア・マラムレシュ地方に暮らす魔女の生活の様子をたくさんの写真とともに紹介します。伝統的な祭りから魔女の歴史や習俗をひもとき、魔女との対話から「魔法」とはなにかを考える。やさしく、どこかとぼけた文章で深い考察に導く素敵な一冊。旅行記としても楽しめます! ーーーーーーーーーー 『魔女の宅急便』の著者、本物の魔女に会う 歴史上の魔女、今も生きている魔女。魔女っていったいなんでしょう。『魔女の宅急便』の著者が、ドイツやベルギーのお祭りを訪ね、ルーマニアに今もいるという魔女を訪ねます。「ルーマニアのマラムレシュ地方では、魔女のことをヴラジトアレ(祈とう師)とよんでいます。半分魔女とよぶ人もいます。ほうきではとべないから半分なんだって村の人はいってましたけどね。」。……魔女とは何かを探る、魔女見聞記です。 (26×20cm/ 40頁/1998年04月01日) ーーーーーーーーーー t島店長のおたよりつき。 エトセトラブックスのオリジナルカバーを同封します。 不要な方はコメント欄でお申し付けください。 ※店頭でも販売している商品のため、行き違いで品切れになった場合はすみやかに返金いたします。ご了承ください。