【魔女の本棚】『からすが池の魔女』エリザベス・ジョージ・スピア 著、掛川恭子 訳/岩波書店
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【魔女の本棚】『からすが池の魔女』エリザベス・ジョージ・スピア 著、掛川恭子 訳/岩波書店

¥2,200 税込

送料についてはこちら

【魔女の本棚】 エトセトラブックスBOOKSHOPの店頭で魔女にまつわる本を集めたフェアが始まりました。 “フェミニズムの古典”から“魔女になるための教科書”まで、小説、絵本、児童書、人文書などなど、いろいろな魔女本を集めています。 もうすぐハロウィン、〈魔女〉を足がかりにフェミニズムを考えてみませんか? ーーーーーーーーーー 『からすが池の魔女』 エリザベス・ジョージ・スピア 著、掛川恭子 訳/岩波書店 児童書とあなどることなかれ。大人も楽しめる名作YA小説です。 『からすが池の魔女』はピューリタンの街にやってきた少女キットが様々な出会いを通して成長していく物語。宗教の違いから”魔女”と差別されるハンナとの交流、差別に立ち向かうキットの姿がすがすがしい! 独立前のアメリカにおける宗教や人種による差別を浮き彫りにし、正しい行いとは何かを考えさせ、立ち向かう勇気をもらえます。 ーーーーーーーーーー アメリカ独立前のニュー・イングランド。バルバドス島からきた少女キットは清貧を重んじる土地柄になじめない。キットは異教徒の老婆ハンナと交流し,心の安らぎを得るが、ふたりは魔女の嫌疑をかけられてしまう。宗教や価値観の違いをこえて、真に正しい行いとは何か。アメリカ社会が根源的にはらむ問題に切り込む力作。 ※こちらは古書です。 状態:函裏面に汚れあり。本文は良。 (A5/336頁/1969.04.24) ーーーーーーーーーー エトセトラブックスのオリジナルカバーをかけて送ります。 不要な方はコメント欄でお申し付けください。 ※店頭でも販売している商品のため、行き違いで品切れになった場合はすみやかに返金いたします。ご了承ください。