痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学
5ea8ab8f55fa0379c11da2ba 5ea8ab8f55fa0379c11da2ba 5ea8ab8f55fa0379c11da2ba

痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学

¥2,640 税込

送料についてはこちら

痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学 牧野雅子 著 定価 2400円+税 判型 四六判並製 頁数 256ページ 装幀 福岡南央子(wooolen) 発売 2019年11月7日 ISBN 978-4-909910-01-1 なぜ日本では「痴漢」という性犯罪が、こんなにも日常化しているのか? そして、「被害」の対で語られるべき「加害」ではなく、なぜ今「冤罪」ばかりが語られるのか? 戦後から現在までの雑誌や新聞記事を分析し、これまで痴漢がどう捉えられ、社会の意識がどうつくられてきたかを読みといていく、これまでなかった「痴漢」研究の書。前提を共有し、解決策を考えていくために必読の一冊。 (内容) 痴漢事件はどれくらい起こっているのか/夏は痴漢が増える、という思い込み/痴漢被害者に求められる「羞恥心」とは?/「痴漢は犯罪です」――は本当か?/女性専用車両は誰のために生まれたか/痴漢が娯楽になっていく過程/痴漢ブームは終わらない/たかが痴漢、されど痴漢冤罪の矛盾/痴漢=性依存というアプローチが注目される理由…etc. 【目次】 はじめに 第1部 事件としての痴漢  痴漢事件はどのくらい起こっているのか  痴漢事件はどう捜査される  痴漢を取り締まる条例 第2部 痴漢の社会史〜痴漢はどう語られてきたのか  戦後から1960年代まで〜電車内痴漢という被害  1970年代〜悩まされる女性たち  1980年代〜文化と娯楽としての痴漢  1990年代〜痴漢ブームと取締り  2000年以降〜痴漢冤罪問題と依存症 第3部 痴漢冤罪と女性専用車両  痴漢冤罪ばかりが語られる理由  女性専用車両をどう考えるか 【著者】 牧野雅子(まきの・まさこ) 1967年、富山県生まれ。龍谷大学犯罪学研究センター博士研究員。警察官として勤めたのち、 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(人間・環境学)。 専門は、社会学、ジェンダー研究。 著書に、『刑事司法とジェンダー』(インパクト出版会)、 『生と死のケアを考える』(共著、法蔵館)がある。 【書評掲載情報】 読売新聞2020年1月19日 評・鈴木洋仁(社会学者 東洋大研究助手) https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/review/20200118-OYT8T50106/